人気の施術があります|ヒアルロン酸なら安価で安全!

手軽で安全にバストアップ

鏡を見るレディー

美容整形でのバストアップ

ヒアルロン酸はアンチエイジングとして美容効果が認められている成分ですが、美容整形ではバストアップに使われる成分でもあります。ヒアルロン酸は、もともと人間の体内にある成分でもあります。そのために体に注入してもアレルギー反応が起きる可能性が少なく、他の成分に比べて安全性が高いと言えます。そのためにヒアルロン酸のバストアップは近年、非常に人気があるのです。また従来のバストアップ手術では、シリコンバッグや食塩水のバッグを外科的手術によって入れ豊胸をしてきました。全身麻酔による手術になるために入院の可能性がありシャワーや洗髪、入浴にも制限がありました。また術跡が残ったり、手術後の通院が必要なために負担がやや大きいバストアップ法だと言えました。しかしインプラントによるバストアップは基本的に永久的に効果が続くというメリットがあります。一方、ヒアルロン酸注入によりバストアップ法は注射だけでの施術なために、治療時間も30分程度と短く日帰り対応で、その後も通院の必要がありません。ヒアルロン酸によるバストアップは、予約さえしておけば会社帰りに立ち寄って帰ることも可能なのです。ただし、ヒアルロン酸は時間がたつにつれて体に吸収されてしまうために、1〜3年ごとに注射を打ちなおす必要があります。そういう点では定期的にメンテナンスが必要なバストアップ法になります。ヒアルロン酸によるバストアップは、とにかく大きくしたいなどという希望というよりは、左右の形を整えたい人や張りのあるバストを手に入れたい人、時間が取れないために日帰りで気軽に施術したい人などに向いている方法だと言えるでしょう。

夏の予定には最適な方法

先にも述べたように、ヒアルロン酸によるバストアップは大きくすることが目的という人にはあまり向いてはいません。術後の触り心地や皮膚の凸凹を避けるために、一度に注入できる量が決まっているからです。片方の胸でおよそ100cc前後のヒアルロン酸を注入できますから、だいたいカップ数としては1カップのバストアップ効果が見込めるでしょう。また注射をどの位置に打つかによって、バストの形を自由に決めることが出来るために、事前のカウンセリングで希望を伝えておくことが大事です。日帰りによる施術になるので会社を休む必要もなく、その後のシャワーや入浴制限などもないということは女性にとっては嬉しい点だと言えるでしょう。また、ヒアルロン酸は時間とともに体に吸収されてしまいますが、逆に言えば豊胸したい時期に集中してバストアップできるということでもあります。例えば、夏場の薄着になるときや水着を着る機会が増える時期に注入しておけば、夏場はきれいなバストで過ごすことが出来ます。そのまま体に吸収されてバストが元に戻ったとしても、冬場であればあまり気にする必要もありません。このように、永久的なバストアップではなく、一時的なバストアップや左右の美乳効果などを望む場合にはとても適した方法だと言えるでしょう。もし、夏場に予定が入ってバストをきれいに見せたいときには、注射による内出血の可能性もありますから、予定より2週間程度前に日帰りヒアルロン注射を打つことによって、誰にも気づかれずに美しいバストを手に入れ、楽しい思い出を作ることが出来るでしょう。